静岡県浜松市のパーソンセンタードケアを目指す社会福祉法人ほなみ会が運営する特別養護老人ホーム「南風」です。

南風ワーキンググループを立ち上げました!

南風ワーキンググループを立ち上げました!

「南風ワーキンググループ」についてホームページの一面に「特集」という形で掲載させてきます!
今日は色々とお話を伺いたいのでよろしくお願いします!

下位さんはい!よろしくお願いします!
今年の夏に立ち上がったばかりの新しいグループです。今回「特集」に取り上げられて嬉しく思います。
「南風ワーキンググループ」をもっと多くの皆様に知ってもらいたいです!

出来立てホヤホヤですね!
「何をしているグループなんだろう?」という声も良く聞きますよ。

下位さんPR活動が不十分で申し訳ありません! 一言で説明すると「企画家」です。
課題を見つけて調査し、企画して、南風の管理者会議に提案するグループです。
そのあとは、管理者会議が許可したものに限り、プロジェクトを遂行し、結果報告に至るまで・・・一連の過程を全部やりますね!
大変ですけど、グループは比較的若い職員で構成されていて、前向きにテンポ良く進んでいくので楽しいですよ。これからも皆にとって「いいこと」は何でもやりたいと思っています。

具体的にどんな企画なんですか?

鈴木さん最近では、理事長のご指名に預かり「ふじのくにケアフェスタ」というイベントに参加してきました。
このイベントには福祉の世界で活躍することを目指す学生さんが多く集まります。
少しでも「南風」を知ってもらおうと頑張りました!詳しい様子をブログにも掲載したので是非見て下さい!
私たちは、このように何かを企画して、みんなで成し遂げるという過程も重要視しています。
絶対に組織力は向上しますからね!

わたしもブログを拝見しました。
とても楽しそうでチームワークを感じることができました。
そういえば、ケアフェスタで「静岡県優良介護事業所」に表彰されていましたね。

鈴木さんはい!ありがとうございます。
職員の日々の努力の賜物です!実はそれも私たちで企画し、南風の管理者会議に提案させて頂きました。

色々やっていますね!
他にはどんなことをしてるのですか?

川島さん企画中のものも含めて色々ありますよ。
現在、進行中の「介護福祉士実務者研修」を南風で行うという企画も好評です。介護福祉士を取得しようとしても、時間がなかったり、交通費が高かったりと様々な事情でチャレンジできない人もいます。でも、その会場が職場となれば、問題が解決してしまうのではないでしょうか。法人も協力してくれて、資格取得にかかる費用の援助もでるようになりました。
それから、文化祭のノリでやったのが「ほなみ会15周年記念式典パーティー」の企画です!会場で映し出される記念動画はユニットリーダーが制作しました!多くの職員が一丸となる過程が楽しくてしょうがないですね!

活動的で楽しそうなグループですね!興味深いです!
そもそも、このグループはどんな経緯で誕生したのですか?

川島さん南風は「みんなでやろうよ!」という気質の組織です。今でも職員を始め、ボランティアの方や、
地域の方々が力を合わせて組織を動かしています。それが強みであり、評価を頂いているところだと思っています。

でも、法人の規模が大きくなるにつれ、毎日の業務が多忙になり、新しいことへのチャレンジは控えめになってきました。
正直、しばらくの間は「気付いちゃった人がやるしかない。」「言い出しっぺが全部やる。」ということになっていました。
また、部署内の問題には着手できても、部署間を跨ぐ大きなニーズに対応する仕組みはありませんでした。

また、会議の時間だけでは、企画を詰めたりするほどの余裕はなく、仮に良いアイデアが出たとしても、
具現化することができずに中途半端に浮遊している状態が続きました。
そんな中、「これでは南風らしくない!南風らしさが消えてしまう!なんとかしなければ!」
と立ち上がったのが「南風ワーキンググループ」です!

なるほど・・・
ということはアイデアを具現化するグループという
理解でいいですか?

松田さんまさにその通りだと思います。まずアイデアを頂いたら、「そこに本当にニーズがあるのか?」「それは実行可能なアイデアなのか?」という調査から始まり、必要な資源の調達や実際の作業等を行います。
全てのアイデアというわけではありません。まず調査します。
調査の結果次第ではアイデアを返却することもあります。いわゆる「ボツ」です(笑)。アイデアは色々なところから頂きます。
ワーキンググループ内からも新たな課題が生まれることも多いです。
その他にもまだまだ温めている企画が盛りだくさんです!

・・・ということは、私が何かアイデアを提案すれば、
それに対して取り組んでもらえるということですか?

松田さんはい!その通りです!その時は是非一緒にやっていきたいですね!

話を聞いているだけでも楽しそうですね!
私もワーキンググループに入りたいです!

佐々木さんそう思ってくれると嬉しいです!きっと大きな戦力になると思います。実は「南風が大好き!南風をもっと良くしたい!」という想いの方なら誰でも参加するチャンスがあります!

私たちが管理者会議に推薦し、承認されれば即メンバーです!でも注意したいのが、あくまでも有志のグループなので、通常業務を持ちながらの活動になるので忙しくなりますよ(笑)
個人情報以外はグループラインでやり取りなんかもします。
でもみんなでやれば楽しさ100倍ですよ!

皆さんの熱が伝わってきます!これからの南風が気になりますね!
最後に「これからどんな南風に成長するのか?」みなさんの熱い想いを聞かせて下さい!

  • 写真:下位さん

    下位さん

    みんなでいろいろな企画を出し合って、有効的と判断されれば、「まずは、やってみる。」そんな組織風土に磨きをかけたいです。考え過ぎて行動に移すことができないのは良くないと思います。職員ひとりひとりに得意なこと、不得意なことがありますが、それらを伸ばし補いながら、総合的に「南風って何かいいね!」と評価をもらえるとうれしいです。
    今まで以上に、「『チーム力』なら負けない」とみんなが自慢できるような組織になって欲しいと思います。

  • 写真:鈴木さん

    鈴木さん

    私は南風に就職して一年の新人?ですが、現場からの「やる気」が感じられるワクワク感のある職場だと思います。「他と違う何か」が有るということは、常に新しい事柄に挑戦し続ける事だと思うので、その気持ちを持つ仲間を増やして皆で頑張っていきたいと思います。それと同時に、職場内の大小様々な問題を丹念に抽出・解決し、地に足の着いた組織になるよう育んでいきたいと思います。

  • 写真:川島さん

    川島さん

    私は、とにかく「南風が大好き!!」です。そんな大好きな南風で一緒に働く仲間も、利用者さんや家族、そして地域の方々やボランティアさんたちも・・・みんな南風に出会うと笑顔になる!(^^)! そんな南風にできたらって思って日々走っています!それを実現するために、仲間たちとそれぞれの得意な事を活かしてこれからも南風と一緒に走って行きたいです☆

  • 写真:松田さん

    松田さん

    僕は高齢者の福祉施設という枠を取り払い、中小企業として「みんなが笑顔で働ける血が通った楽しい組織」にしていきたいです!「何か他とは違う」がキーワードですね!チームワークを活かして、適材適所で働くことができれば、それぞれが「その人らしく」働くことができます。それが可能になったとき、人はもっとも優れたパフォーマンスを発揮できるはずです。南風が目指すパーソン・センタード・ケアを実現する為には、このことが必須条件だと感じています!

  • 写真:佐々木さん

    佐々木さん

    他の施設にはない「南風らしさ」がよい方向に出ていけるように、微力ながらグループメンバーとしてがんばっていきたいと思います。そしてこれからも南風がみんなから愛され、選ばれる施設になっていくこと、みんなが働きやすい環境で、大変な事もあるとは思いますが、それを乗り越えたとき「南風で働けてよかった。」と感じていけることが大切だと思います。
    チームのメンバーのいいところを吸収し、自分も成長して行きたいです。

  1. ほなみ会ホーム
  2. 特集一覧
  3. 南風ワーキンググループを立ち上げました!
  • ほなみ会RECRUITINGSITE
  • わがまち倉松

Page Top